• 会社案内
  • セクション紹介
  • レギュラー番組・実績
  • お問い合わせ
新卒採用募集要項
先輩社員の声
スタッフ募集
ホーム > セクション紹介 > テクニカル Section

セクション紹介

テクニカルSection

技術部

フジテレビ報道取材

「正確にわかりやすく」ニュースを伝える。これがフジテレビ報道のコンセプトです。そして、そのテレビ報道というメディアにおいて最も重要なものが「映像」です。
私たち技術部のカメラマン,VEは、フジテレビの映像ジャーナリストとして、国内はもちろん世界各地で、社会、経済などあらゆるジャンルのニュース映像を捉えるという重要な役割を担っています。
「スピード」と「正確性」。その使命から私達は、いち早く現場に急行し、自らインタビューや現場リポートもします。さらに、映像ジャーナリストの視点に立ち日頃から映像企画を温め、カメラマン・VEが取材・撮影・編集まで行う「カメラマン企画」も制作します。
当社のカメラマンの中には、潜水士の資格を有し「水中撮影」の部門でも活躍し、普段なかなか目にすることができない神秘な「水中映像企画」も届けます。
また、政治の中枢である「国会」内のクラブをはじめ、首都圏(+青森県)14ヶ所の支局に常駐する我々バンエイトのカメラマン,VE32名は、SNG車やFPUなどの中継・伝送機器を駆使して、24時間いかなる取材にも速やかに対応しています。その取材力・技術力は常に高い評価を得て、FNNニュースのフジテレビ首都圏カバーエリアの映像取材を一手に担っています。
近年では、携帯電話の回線を使用して生中継できる「Live-U」簡易中継も行っています。

照明

TV中継、ENG取材で、個性ゆたかな「あかり」を演出するのが「照明部門」です。 私たちは、どのような映像演出にも対応する「照明技術」を提供するプロフェッショナルスタッフです。取材・ロケやニュース番組内の中継はもとより、ドラマ・ドキュメンタリーとさまざまなニーズに応え「あかり」を演出します。

制作技術

仕事の内容は…

民放各局からNHKまで、報道やドキュメンタリーなどのテレビ番組やVP・CM等のさまざまな映像制作で培われたハイクオリティーな技術を提供しています。
ミニジブ・ステディカム・マタドール等特殊機材を所有し、いかなるニーズにも充分対応できる"技術"を提供しています。
又、20年以上の実績を持つ水中撮影チームは、ENG撮影や生中継など経験豊富なスタッフが視聴者の眼を楽しませる映像を提供しています。

技術の根底に…

ハード技術は日々進化しています。
しかし、感動させる映像は、これまでもこれからも変わること無く『人間の感性と経験』で撮るものだと思います。
『映像音声は現場に行かなければ撮れない』現場に立つ我々の感動や感情が視聴者に伝わる、そんな映像と音声を心がけています。
せわしない社会に流されること無く、人と人との繋がりを大切にそれぞれが自分の目指す目標に向かって頑張り、映像制作アーティストとしての誇りを持って日々努力しています。

所有機材
ハイビジョンカメラ SONY HDW-750、HDW-790、PDW-750
HVR-Z5J、HVR-Z7J、PXW-X160
PMW-F3、PMW-F55
CANON EOS C300
豆カム SONY HXR-MC1
Panasonic AG-HMR10、AG-HCK10G
GoPro、Ozmo
特殊機材   ミニジブ、マタドールドリー、ステディカム、PHANTOM3(ドローン)
その他 SONY HDW-250等
LiveU LU70 HD(簡易中継システム)2セット

※音声、照明、モニター、レンズアクセサリーなど各種

私達の作品は…
フジテレビ モータースポーツ番組(スーパーGTコンプリート、トヨタモータースポーツネットワーク等、ザ・ノンフィクション、NONFIX、おはよう茨城、馬の王子様、週刊フジテレビ批評、Mr.サンデー、TOKYO本音モデルズ、BSフジ・ネクストウェーブ、ワッチミーテリー塾、CS・時代劇チャンネル 他

NHK ハイビジョンスペシャル、地球に好奇心、クローズアップ現代、他
テレビ朝日 素敵な宇宙船地球号、他
TBS 情熱大陸、ショップチャンネル、他 系列局のロケ(多数)
テレビ東京 ガイアの夜明け、びっくり社会科見学
映画 『ふるり』、『Yuming Films:バイバイベア』のVE・音声・特殊機材担当業務
その他 VPパナソニック、VP箱根彫刻の森美術館、PV夏川りみ、CM昭和大学、VPファンケル、東芝テックレジスター 他
簡易生中継…

スカイツリーの展望台から、走行中の車から、基本的に携帯電話が通話可能な場所であれば短時間のセッティングで臨場感ある映像を配信することが出来ます。
今までの経験・データ・技術力を駆使し、円滑に生中継映像を届けることで、各番組からは大きな信頼を得ています。
柔軟な対応力を持った技術スタッフが、いつでもあなたの番組制作のお手伝いをさせて頂きます。


東京・銀座にて

【業務実績】
フジテレビ 「みんなのニュース・木村拓也アナウンサーのお天気コーナー」
「みんなのニュース・発生スタンバイ班」
「めざましテレビ」、「めざましどようび」
(発生ニュース・天気コーナー・スポーツのPV中継)
「フジテレビバラエティー」
「アゲるテレビ・お天気コーナー」(放送終了)
「ゼロテレビ めちゃユル」
「フジサンケイクラシック注目選手密着カメラ映像ネット配信」
「SMAP!ツアー」
FNNネット局 「選挙番組中継」

【所有機材】
① LIVE-U LU500
② LIVE-U LU70-HD



技術部 徳山 望 <フジテレビ取材撮影部勤務> (入社17年)
「報道カメラマン」として・・・
私が特に意識し、常に心掛けている事がある。

もしかすると『ちょっとそれは違うんじゃない?』って方々もいるかも。
でも良いんです!考え方は人それぞれ。自分自身が持つ指針は自分だけのもの。


【ストーリーはひとつじゃない、必ずふたつ以上ある】
ある一面には必ず『表』があればそれと異なる『裏』がある。事柄の一辺にとらわれず、 色々な違う角度から物事を捉える意識を忘れない。

【ハートフルカメラマン!】
事件や事故、災害などの被害者や被害者家族にインタビューをさせて頂く機会がある。
そんな時、僕はカメラワークを極力抑える。例えば涙する目にズームIN・・・。 僕は絶対にしない。そんなことしなくても涙の意味は視聴者に伝わると思うから。
被写体に力がある時、余計なカメラワークは邪魔な存在でしかない。動かず、じっくり。

【勇気ある撤退】
どんなに凄いスクープを撮ろうとも死んでしまってはダメ。生きて帰ってこそ。
(勿論、過去に取材中亡くなられた方々、戦争や紛争地域に出向いて命を落とされた ジャーナリストの方々を否定するものではありません・・・。)

私達報道に関わる者は大災害や事故、火災現場など時に危険を伴う現場に向かうこともある。
記者やディレクターが同行しない場合、現場の責任者は我々カメラマンである。 撮りたい画があっても、そのために行きたい場所があっても、我々クルーに危険が及ぶようなことがあってはならない。 細心の注意を払って現場に入る。そしてVEさんやドライバーさんの意見に耳を傾け、誰かが危険を感じたなら撤退を含め、 チームみんなで危険を回避する最良の方法を考える。
カメラマンに責任はあるがカメラマン一人の意見・考えが常に正しいとは限らないのだから。

これからカメラマンになるであろう若い人達に伝えていきたい。
何でもいい、自分自身の強い“指針”を持てと。そして、それは時に柔軟に変化出来るものであれと。
技術部 松﨑 善行 <本社カメラマン> (入社8年)
私はテレビ番組、企業VPなどのロケ撮影を行うカメラマンとして働いております。

今年の主な担当番組としてBSフジ「華大の知りたい!サタデー」でのロケ&スタジオカメラマン、「ムツゴロウの動く犬種図鑑」「西部警察 全国キャラバン」などがあります。
またインターネットによる配信番組など映像コンテンツが多様化しており、テレビ番組だけに限らず様々な映像制作に参加しています。

今後、需要が増えてくるであろう4K撮影に関わる機会も増えています。それに伴い撮影に使用する機材の変化や視聴者のニーズの変化にも柔軟に対応することが必要になってきました。
特に4K撮影では収録データが膨大な量になるためにデータの管理が重要になり、またポスプロ編集作業時には画像処理の新たな仕事の可能性が広がりつつあります。

自分が今まで積んできた経験と感性、新しいツール、時代の変化への対応、それらを組み合わせ新しい映像の可能性を追求するためにこれからも頑張って行こうと思います。
株式会社バンエイト
〒135-0064
東京都江東区青海一丁目
1番20号 ダイバーシティ東京
オフィスタワー 16F
TEL:03-6738-8810(代表)
  • 新社長就任 ご挨拶
  • ブログ ある日あの時