• 会社案内
  • セクション紹介
  • レギュラー番組・実績
  • お問い合わせ
先輩社員の声
スタッフ募集
ホーム > セクション紹介 > アーカイブ Section

セクション紹介

アーカイブSection

マネージメントSection

アーカイブって・・・?

日本・海外で時代の瞬間を捉えた様々な映像。
これらの映像は、「テレビ局の財産」です!
この膨大な映像を管理、運営するのがアーカイブセクションです。

バンエイトは、フジテレビの「報道」「情報」「スポーツ」のアーカイブ業務を支えております。
二度と撮影できない映像やスクープ映像だけではありません。
角度ひとつ違う、言葉一つ違う…映像、この莫大なテープ(メディア)の中には、まったく同じ映像は存在しません。
だからこそ、貴重な「財産」なのです。
この「今」しかない映像を「未来」に引継ぐ重要な仕事を担っています。

報道アーカイブ

フジテレビのニュースは、カメラクルーが撮影した“取材映像”と現場からの“中継映像”、そして私たちが管理している“アーカイブ映像”で制作しています。
1年間に集められたテープ(メディア)は、報道だけで約“7万本”にも及びます。
この映像を、独自のシステムで登録・管理し、永久に残すと判断された映像は別のメディアに転写して「永久保存メディア」に生まれ変わります。2017年には大容量メディアを利用した新たなアーカイブシステムでの運用も開始しています。
また、その内容を正確でわかりやすく検索しやすい「文字情報」に置き換えた「データベース」化も行っています。 近年、報道アーカイブ素材はニュース以外の情報番組、バラエティ番組でも非常に多く活用されています。

日々刻々と変化する社会において、世の中で起きる様々な出来事を伝える“ニュース”。
そのニュース映像は、日本全国のみならず、海外からも続々とフジテレビの報道局に送られてきます。特に、国内外の大きな事件・事故や台風など自然災害の発生時は、私たちの職場『収録NV』はまさに戦場と化します。
この送られてきたニュース映像素材をフジテレビの「ニュース番組」「報道特番」「緊急特番」及び「めざましテレビ」などの情報系番組が使用できるように、正確に収録することが私たちの使命です。
私たちは、しっかりとした技術力を基に、365日24時間体制で、信頼のおける『収録』業務を行っています。

メディア映像部

情報アーカイブ

『とくダネ!』や『めざましテレビ』などフジテレビの情報番組が取材したメディアの登録から保存・管理、また映像内容のデータ化を行なっています。
さらに、編集して番組内で放送された映像も、その内容や権利関係など必要な情報を調べ、二次利用しやすいよう「データベース」化すると共に、映像自体も再利用しやすいよう整理し、貸し出し業務を行なっています。

スポーツアーカイブ

フジテレビのスポーツニュース番組『スポーツLIFE HERO'S』競馬中継『みんなのKEIBA』等における放送素材や、プロ野球、大リーグ、Jリーグ、競馬などの取材テープを永久保存メディアに転写作業をします。さらに、内容、許諾先などの詳細データを専用ソフトで入力、「データベース」の構築を行っています。それにより、スポーツニュース映像を効率よく二次利用できる体制を整え、保存・管理し貸し出し業務を行っています。

エコ作業

報道局が取材したテープ(メディア)を廃棄と再利用に分けるリサイクル作業を行っています。
また、再利用メディア及び新規メディアのXDCAM初期化作業を行っています。
この作業によりメディア購入費を抑え、フジテレビの「ECO」推進に貢献しています。

収録NV 伊藤 名実子 (入社17年)
私が担当する報道アーカイブ収録NVは、ニュースに使用される映像のサーバーへの取り込みとディスクへの収録、管理をしています。
フジテレビのニュースで使用されている映像は、ほぼ全てが収録NVでサーバーに取り込み、編集し、放送されます。
当日の映像は同時にディスクにも収録します。このディスク1枚1枚は、のちにアーカイブ化され、フジテレビの財産となります。
ここは、国内外の映像がフジテレビに最初に届く場所なので、ひとたび大きな事件や事故、災害などが発生するとすごく忙しくなります。 そういう状況だとなかなか家に帰れないこともありますが、運が良ければニュースに出演する今話題のゲストに会える!?という特典もあります。
私は先日来日したサッカーのネイマール選手にたまたまサインを貰うことが出来ました。
たまにおいしい特典を味わいつつ、編集さんや各担当デスク、番組スタッフさんへのパイプ役となるよう、日夜業務に励んでいます。
情報アーカイブ 住吉 潤 (入社2年)
私が情報アーカイブへ来たのは2014年2月で、それまではロケ撮影のビデオエンジニアを14年間しておりました。
今までの撮影という立場からだと、撮影終了後に担当者へメディアを渡して終了でしたが、今は逆に担当者から自分の所にメディアが持ち込まれ、最終的な管理をする立場になりました。
この部署に来てから、自分が撮影した素材がどのような流れで最終的に管理されるのかが細かく分かるようになるとともに、膨大なメディア管理を、この少人数で行っていることを知ったときは驚きました。
アーカイブ業務では「とくダネ!」や「めざましテレビ」で放送された映像に権利関係や入手先などのメタ情報を入れてデータ化しています。
インポートデスク業務では回線収録の最先端に深く関わり来年開始予定の「回線収録、編集、送出のサーバー化」に向けて動き出しています。
私自身もその最前線に9月から配属されました。勤務する場所としては出演者の楽屋が並ぶ「タレントクローク」にとても近いため、よく芸能人に会います。
そんなミーハーな部分を出しながら、今まで撮影で培ってきたコミュニケーション能力を生かしつつ、一からの土台作りに参加し、楽しい毎日を送らせていただいてます。
株式会社バンエイト
〒135-0064
東京都江東区青海一丁目
1番20号 ダイバーシティ東京
オフィスタワー 16F
TEL:03-6738-8810(代表)
  • 新社長就任 ご挨拶
  • ブログ ある日あの時